時短!「いろどりからの根菜ハンバーグ」併せ調理のレシピ、作り方(宮坂 みのり)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏むね肉 > 時短!「いろどりからの根菜ハンバーグ」併せ調理

クスパ レシピ

時短!「いろどりからの根菜ハンバーグ」併せ調理 宮坂 みのり先生

印刷する

4

ついつい多めに作りがちな煮物ですが、あえて多めに煮物を作り、そこにひと手間加えて、もう1品作る事が出来るレシピです。煮物を食卓に出した次の日は時間をかけることなく根菜ハンバーグを食卓に出す事が出来ます。材料が同じでも飽きる事がありません。

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分~

ごぼう
100g(1本)
レンコン
100g
人参
100g(1本)
こんにゃく
230g(1枚)
しいたけ
6枚
鶏肉(胸肉)
470g
少々
ごま油
適量
料理酒
大さじ2
みりん
大さじ2
しょうゆ
大さじ3
本かつおだし
小さじ2
400cc
絹さや
8枚
1個
パン粉
大さじ3
しょうが(チューブ)
大さじ1
サラダ油
大さじ1
しそ、大根おろし、ポン酢
適量

作り方

【1】

鶏肉は煮物用に200g取り分け、一口大に切り、塩を軽く振っておく。鍋にごま油を敷き、炒めて取り出す。

【2】

根菜類は乱切りに、こんにゃくはスプーンで裂くようにして一口大の大きさにする。しいたけは飾り包丁を入れる。

【3】

2の材料を鍋に入れて、ごま油を敷いて炒める。全体的に油が回って艶が出たら、水、本かつおだし、料理酒、みりん、醤油を入れて、煮込む。

【4】

煮汁が少なくなってきたら、炒めた鶏肉を加えて煮込む。茹でた絹さやを加えていろどりの出来上がり。
しいたけ4枚と肉は除いた半量を取り分けておく。→根菜ハンバーグの材料


【5】

4の根菜ハンバーグの材料をフードプロセッサーにかけて粗めのみじん切りにする。

【6】

残っている取り胸肉270gもフードプロセッサーにかけてミンチにする。

【7】

5と6をあわせ、卵、パン粉、しょうがを加えてしっかりと混ぜ合わせる。

【8】

4等分にして、ハンバーグの形に成形する。


【9】

サラダ油を敷いたフライパンで片面を中火で3分程度焼く。裏に反して中火で3分、その後弱火で2分程度しっかりと焼く。(ふたをしながら焼く)

【10】

根菜ハンバーグはしそ、大根おろし、ポン酢で頂く。

★調理のコツ・ポイント★

作業手順4では鶏肉を煮すぎない事。(煮すぎると固くなります)
作業手順5では材料を細かくし過ぎない様に気を付ける。(細かくし過ぎるとべたついて成形がやりにくくなります)

レシピ制作者

宮坂 みのり

宮坂 みのり:グレースパン教室(東京都 板橋区 赤塚新町)

■先生のプロフィール

事務として就職しながら料理教室へ通いました。退職後、自宅にて、カフェをオープン致しました。その後、平成23…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2018年10月20日(土)   バナナティーブレッド(18㎝型1台)


ページのトップへ戻る