血を満たす 豚ハツとえのき茸のレーズン炒めのレシピ、作り方(須崎 桂子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > モツ > その他 > 血を満たす 豚ハツとえのき茸のレーズン炒め

クスパ レシピ

血を満たす 豚ハツとえのき茸のレーズン炒め 須崎 桂子先生

印刷する

1

貧血や心悸を改善する薬膳♪
心血(しんけつ)をダイレクトに補充する薬膳フードセラピーの一品です^^中医薬膳学には以類補類(同じたぐいを以て、不足を補うコト)の考えがあります。豚さんのハート♡に感謝しつつ、お食事で身体を血で満たしましょう。

<材料>  分量:4人分   調理時間:20分

豚ハツ
300g
えのき茸
200g
オリーブオイル
大1
生姜の薄切り
15g
玉葱の薄切り
1個
カレンズ(レーズン)
20g
白ワイン
大1
岩塩
1ml
パプリカの千切り
40g
ピーマンの千切り
2個

作り方

【1】

豚ハツの下処理をして1cmの細切りにする。
えのき茸のいしづきを除き5cmに切りほぐす。

【2】

フライパンにオリーブオイルと生姜を入れて熱する。

【3】

全体になじんだら玉葱を加え、中火でしんなりするまで炒める。

【4】

豚ハツを加え、色が変わるまで強火から中火に調節しながら、中までしっかり火を通す。


【5】

焦げない程度にの火加減に調節して、カレンズを加えさっと混ぜる。

【6】

白ワインを回しかけて、炒め続ける。

【7】

続けて岩塩を加え、ざっと混ぜて全体に味をなじませる。

【8】

パプリカとピーマンを加えてさっと炒める。


【9】

パプリカとピーマンの鮮やかな彩があせる前に火を止め、器に盛りつける。

★調理のコツ・ポイント★

♡玉葱も使っているので血液サラサラ☆血行をよくする薬膳フードセラピーにも応用が利きます。
♡豚ハツが手に入りにくいときは、鶏ハツを利用しても結構です。
『ナチュラル薬膳生活入門編』補血類 豚ハツ p.125 参照

レシピ制作者

須崎 桂子

須崎 桂子:ナチュラル薬膳生活カレッジ 柏本校サロン(千葉県 柏市 明原)

■先生のプロフィール

こんにちは(^^)/けいてぃーさんです☆海外留学や世界中の美味しいモノが集まる香港での仕事で、舌や感性を磨…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2018年11月27日(火)   体験!ナチュラル薬膳生活養成コース「ベーシック」1日体験


ページのトップへ戻る