イングリッシュマフィンでエッグベネティクト!のレシピ、作り方(安部亜由美)

クスパ > クスパ レシピ > パン > パンを使ったレシピ > イングリッシュマフィンでエッグベネティクト!

クスパ レシピ

イングリッシュマフィンでエッグベネティクト! 安部亜由美先生

印刷する

2

【ビクトリノックス トマト・ベジタブルナイフを使用】
朝食におすすめのエッグベネディクト!
トマト・ベジタブルナイフでマフィンを潰さずにカットします。テーブルナイフとしても使えます!

【ビクトリノックス×クスパ】コラボ企画vol.13で制作されたレシピです。

<材料>  分量:6個分   調理時間:1次発酵後90分くらい

【イングリッシュマフィン】
 
A)強力粉
150g
A)砂糖
大さじ1
A)コーンミール
大さじ1
A)塩
小さじ1/3
A)バター(無塩)
20g
ドライイースト
1g
100ml
コーンミール
小さじ1
サラダ油(マフィン型用)
適量
【エッグベネティクト】
 
6個
600ml
大さじ2
B)溶かしバター(有塩)
60g
B)卵黄
3個分
B)マヨネーズ
大さじ3
B)レモン汁
小さじ1と1/2
ほうれん草
1束(200gくらい)
塩・オリーブオイル
適量
ベーコン
6枚
パプリカパウダー
適量
ブラックオリーブ(スライス)
6つ

作り方

【1】

【イングリッシュマフィン 前日準備】
Aの材料をボウルに計量し、イーストを溶いた仕込み水をお砂糖めがけて入れて、ゴムベラでよく混ぜ台の上でこねる。
生地を丸め、閉じ目を下にしてタッパーなどに入れる。
(1次発酵→冷蔵庫で8時間以上3日以内)

【2】

【当日】
生地を6分割して丸め直し、ベンチタイムをとる。
マフィン型に油を塗り、天板に並べ、コーンミールの半分(小さじ1/2)を散らす。

【3】

ガス抜きをして丸め直して成形する。天板のマフィン型の中にとじ目を下にして入れ、上から残りのコーンミールをかける。
クッキングシート、天板をのせて2次発酵させる(40度30〜40分)。

【4】

【焼成】
190度に予熱したオーブンで、クッキングシートと天板を乗せたまま12分程焼く。
パンが焼き上がったら、トマト・ベジタブルナイフでパンを横半分にカットする。


【5】

【エッグベネティクト】
ほうれん草は洗って食べやすい大きさにカットしたものを天板にのせて、塩・オリーブオイルをかけ、190度に予熱したオーブンで5分ほど加熱しておく。
ベーコンはフライパンで軽く焼いておく。

【6】

オランデーズソースを作る。
Bの卵黄とマヨネーズを混ぜ合わせ、そこに少しずつ溶かしバターを加えて混ぜる。最後にレモン汁を加えて混ぜる。

【7】

ポーチドエッグを作る。
茹で湯(水+酢)を沸騰させたら弱火にして、割った卵を静かに入れる。菜箸で白身を集めながら卵黄を包む(1分くらい)。白身の表面が白っぽくなったら火を止めて1分ほど蒸らす。

【8】

カットしたイングリッシュマフィンにほうれん草・ベーコン・ポーチドエッグの順でのせる。
上からオランデーズソースとパプリカパウダーをかけ、カットしたオリーブをのせる。


★調理のコツ・ポイント★

・バターと卵は室温に戻しておきます。
・仕込み水は、イーストを水に振り入れて溶かして作ります。
・ポーチドエッグを作る際は、卵は別のカップに割り入れてからお鍋に入れます。

レシピ制作者

安部亜由美

安部亜由美:あベーカリーCafe-Style(東京都 世田谷区 成城)

■先生のプロフィール

世田谷区【成城】5男育児母が教える、おうちパン&お料理教室「あベーカリーCafe-Style」の安部亜由美…(全て読む)


ページのトップへ戻る