バレンタインチョコレートデコレーションのレシピ、作り方(fukuko《フクコ》)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > クッキー・スコーン > クッキー > バレンタインチョコレートデコレーション

クスパ レシピ

バレンタインチョコレートデコレーション fukuko《フクコ》先生

印刷する

パータグラッセという種類のデコレーション用チョコレートを使えばチョコレートを使用する際に必要な温度調整、『テンパリング』という作業は必要ありません。
市販のクッキーにちょこっとデコレーションするだけでバレンタインギフトにもピッタリなチョコクッキーができあがります。
手作りクッキーを使えばなお一層素敵です♥

<材料>  分量:お好みの分量分   調理時間:30分

直径3cm~5cmのクッキー
適量
パータグラッセ
50g~100g
ストロベリーフリーズドライ
適量

作り方

【1】

パータグラッセは、ストロベリー、ホワイト、ダークチョコレートなどがあります。

【2】

フライパンにお湯を沸かしパータグラッセの入れたボールの底を湯煎につけて溶かす

【3】

チョコレートを湯煎で加熱する際はステンレス製などの銀色のボウルを使用します
プラスチッックのボールは熱伝導が悪い為チョコレートが溶けにくくチョコレートデコレーションの作業には適しません

【4】

クッキーの半分を溶けたパータグラッセにディップしてつけたら、シリコンマット(なければラップ)の上に置き、苺のフリーズドライをチョコレートの上からパラパラとふりかける
苺のフリーズドライは100均でも購入できます
写真はSERIAのもの


【5】

パータグラッセは上掛け用チョコレートという商品名になっていることもあります。パータグラッセは常温ですぐに固まり始める為、クッキーをチョコレートにディップしたらすぐにデコレーションをしてください。チョコレートが固まって貼りつかなくなります。

★調理のコツ・ポイント★

バレンタインの時期には可愛いデコレーション用の商品がたくさんあ出るのでイチゴのフリーズドライの代わりに小さなハート型チョコレートやアラザンなど飾ると更に可愛らしい感じになります。

レシピ制作者

fukuko《フクコ》

fukuko《フクコ》:bake a cake《ケイク》(愛知県 安城市 三河安城本町)

■先生のプロフィール

大学卒業後製菓の仕事に携わりその後渡仏 ル・コルドンブルーパリ校を卒業、同校のアシスタントを務める 帰国後…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2018年12月11日(火)   パブロバ&冬グラタン


ページのトップへ戻る