苺のミニクグロフのレシピ、作り方(小嶋 香 (Kojima Kaori))

クスパ > クスパ レシピ > パン > 菓子パン ・おかずパン・蒸しパン > 菓子パン > 苺のミニクグロフ

クスパ レシピ

苺のミニクグロフ 小嶋 香 (Kojima Kaori)先生

印刷する

8

【日仏商事「ルサッフル サフ インスタントイースト 金」使用】
バターや卵・牛乳などをふんだんに使ったリッチな生地を、小さめのクグロフ型に入れて焼き上げます。
ホワイトチョコと顆粒ストロベリー・ピスタチオで可愛くトッピングして完成です。

【日仏商事×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:ミニクグロフ型 4個分   調理時間:3時間

A)強力粉
160g
A)薄力粉
40g
A)サフ インスタントイースト 金
4g
A)塩
4g
A)砂糖
30g
A)全卵
70g
A)牛乳
60g
A)無塩バター
50g
ホワイトチョコレート
15g
いちごパウダー
10g
ホワイトチョコレート(トッピング用)
適量
顆粒ストロベリー
適量
ピスタチオ
適量

作り方

【1】

ニーダー(ホームベーカリー)にAすべてを入れ、20分ニーディング(捏ね)します。

【2】

生地が捏ねあがったら、75g生地をよけ、残りはボウルなどに移します。
75gの生地に、ホワイトチョコレート+いちごパウダー(湯銭で溶かし、冷ましておいたもの)を加え、2分程ニーディングし、ピンク色の生地を作ります。

【3】

2をボウルなどに入れ、30度程度の場所で乾燥しないようにラップなどをかぶし、60分一次発酵させます。

【4】

発酵後、白生地80g×4個、ピンク生地25g×4個に分割します。
それぞれ丸め、ベンチタイムを20分とります。


【5】

ベンチタイム後、白生地の上にピンク生地をのせ、10×18cm程度に伸ばします。

【6】

下からくるくると巻き込み棒状に成型します。

【7】

棒の端どうしをつまみ合わせ円状にして、クグロフ型に入れ、二次発酵を35~45分程度とります。

【8】

2次発酵後、170度に予熱をしておいたオーブンに入れ、18~20分焼成します。


【9】

焼成後型から取り出し、粗熱が取れてから、ホワイトチョコレート(湯銭したもの)→顆粒ストロベリー→ピスタチオをトッピングして完成。

★調理のコツ・ポイント★

油脂の多いリッチな生地のため、グルテンがしっかりと繋がったことを確認してから一次発酵に入ります。
ピンク色の生地がべたつく場合は、少し冷蔵庫に入れ、冷やしてから成型すると扱いやすくなります。

レシピ制作者

小嶋 香 (Kojima Kaori)

小嶋 香 (Kojima Kaori):Kaori-Pain-Studio(東京都 世田谷区 )

■先生のプロフィール

1997年 JHBS認定個人教室へ入学 2000年 JHBS東京本校へ転校 2001年 JHBS教室認定資…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2017年10月24日(火)   ハロウィン🎃 かぼちゃのフォカッチャ☆紫芋フランス


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『みんなが楽しいハロウィンメニュー!』