一夜干しの焼き魚と夏の混ぜご飯のレシピ、作り方(佐藤 絵里子)

クスパ > クスパ レシピ > ご飯もの > 炊き込み・まぜご飯 > まぜご飯 > 一夜干しの焼き魚と夏の混ぜご飯

クスパ レシピ

一夜干しの焼き魚と夏の混ぜご飯 佐藤 絵里子先生

印刷する

一夜干しの焼き魚に、ほんのり梅風味と夏の香味野菜。さっぱりしていて、食欲のないときでも喜ばれる混ぜご飯です。おにぎりにして、お酒の席の〆にも。

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分

2合
梅干
2個
一夜干しの魚
1尾
胡瓜
1本
シソ
4枚
茗荷
1本
煎りゴマ
大さじ2
すだち
適量

作り方

【1】

米はといで30分浸水し、梅干を入れて普通に炊く。

【2】

胡瓜は薄切りにして塩水につけて10分おきしっかり水気を絞る。茗荷、シソは千切りにする。すだちは半分に切る。

【3】

魚はグリルで焼く。粗熱が取れたら、身をほぐして皮や骨を除く。

【4】

炊きあがったご飯に煎りゴマと塩適量(梅や魚の塩加減にもよるので調整する。)を混ぜ、魚、胡瓜を混ぜ合わせる。


【5】

器に盛り付け、シソ、茗荷、すだちを添える。

★調理のコツ・ポイント★

*一夜干しの魚はかます、ほっけ、鯵、のどぐろ、金目鯛などがおすすめ。また、焼き魚ではなく、しらす干しや削り節にしても簡単で美味しい。
*すし酢をかけて混ぜ、ちらし寿司にしても美味しい。

レシピ制作者

佐藤 絵里子

佐藤 絵里子:お料理&お菓子の教室 12カ月(兵庫県 西宮市 南郷町)

■先生のプロフィール

関西学院大学史学科卒業後、辻学園調理・製菓専門学校に入学し調理師免許を取得。ツアーコンダクターとして、世界…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『クリスマスにぴったりなおもてなしメニュー!』