パプリカのマリネのレシピ、作り方(名田 緑)

クスパ > クスパ レシピ > 野菜・きのこ・豆のおかず > 野菜 > その他 > パプリカのマリネ

クスパ レシピ

パプリカのマリネ 名田 緑先生

印刷する

1

焼いたパプリカは甘味が増します。
そのままいただくのはもちろん、白身魚の付け合わせ、細切りにしてパスタの具、
小さめにカットしてガーリックトーストにのせたりと、
メニューが広がりますよ。

<材料>  分量:4人分(作りやすい分量)   調理時間:30分(マリネ液に漬け込む時間を除く)

赤パプリカ
2個
黄パプリカ
2個
小さじ1弱
※乾燥プロヴァンスハーブ
小さじ1
にんにくのスライス
1かけ分
オリーブオイル
100~150ml

作り方

【1】

パプリカは焼き網にのせて直火か、写真のようにバーナーを使って表面が真っ黒になるまで焼く。

【2】

ラップでぴったり包んで5分間蒸らす。

【3】

指の腹を使ってなでるように皮をむき、水で洗い流す。

【4】

ヘタ、種を取って6~8等分に切り、キッチンペーパーなどで水分をしっかり拭き取る。


【5】

600Wのレンジで1分30秒ほど温める。
塩、にんにくのスライス、乾燥プロヴァンスハーブを加えてよく和える。

【6】

ひたひたまでオリーブオイルを注ぐ。

【7】

空気が入らないようにラップで表面を覆い、常温で3時間以上置いて味をなじませる。
翌日からが食べごろ、冷蔵で一週間ほど保存可能です。

★調理のコツ・ポイント★

・※乾燥プロヴァンスハーブはローズマリー、タイム、オレガノ、バジルなどお好みで3種類くらい。
・塩の分量はパプリカの大きさによりますが、多少濃いめの味付けで。
・【3】はパプリカの香りを保つため、水に触れる時間はできるだけ短くしてください。

レシピ制作者

名田 緑

名田 緑:料理とワイン、チーズの教室 LA CUCINA VERDE(神奈川県 横浜市都筑区 大棚西)

■先生のプロフィール

JSA認定ソムリエ/CPA認定チーズプロフェッショナル/気象予報士。 単身イタリアに渡り、現地の料理学校や…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2017年11月27日(月)   11月メイン料理とソムリエが選ぶワインのレッスン


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『体の芯からあったか♡スープレシピ』