炊飯器でいきなりチキンライスでオムライスのレシピ、作り方(益田 博美)

クスパ > クスパ レシピ > ご飯もの > オムライス > 炊飯器でいきなりチキンライスでオムライス

クスパ レシピ

炊飯器でいきなりチキンライスでオムライス 益田 博美先生

印刷する

1

【アルチェネロ「有機トマトピューレー」使用】
その名の通り、炊飯器に材料を入れたらスイッチオン!いきなりチキンライスができちゃいます。そして、薄焼き卵をチキンライスにのせるだけでオムライスの完成!
お子様はケチャップで好きな絵や文字を楽しく描いてくださいね。

【日仏貿易×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:40分

2合
鶏もも肉
1枚
玉ねぎ
1個
にんじん
1/2本
ピーマン
1個
A)アルチェネロ「有機トマトピューレー」
1パック(200g)
A)ウスターソース
大さじ2
A)固形コンソメ
1個
A)砂糖
大さじ1
A)塩
少々
A)こしょう
少々
B)オムライス用 溶き卵
4個
B)溶き卵用 塩
少々
B)サラダ油
大さじ4

作り方

【1】

鶏もも肉は1cm角に切る。玉ねぎをみじん切り、にんじん、ピーマンも5mm角に切る。
ピーマンのみ、炊飯後まで取っておく。

【2】

米を洗い、調味料Aを入れて軽く混ぜる。1の鶏もも肉、玉ねぎ、にんじんを炊飯器に入れる。2合の線まで水(分量外)を足し、軽く混ぜる。普通炊きコースでスイッチを入れる。

【3】

ご飯が炊けたらスイッチを切り、ピーマンを入れて軽く混ぜ、蓋をしめて5分蒸らす。

【4】

Bの材料で薄焼き卵を作る。
オムライス1人分につき、ボウルに卵1個と塩少々を入れ、よく混ぜる。フライパンを熱し、サラダ油大さじ1をひく。溶き卵を流し入れ、薄焼き卵を焼く。


【5】

卵が焼けてきたら卵の面積の半分にチキンライスをのせる。

【6】

大きめのお皿をフライパンにあて、ひっくり返して皿に移す。
ケチャップで好きな絵を書き、出来上がり!

【7】

断面です。

★調理のコツ・ポイント★

本当に簡単なのでコツはありません。
薄焼き卵を作りお皿をフライパンにあてる時は、フライパンよりもひとまわり大きなお皿を使いましょう。もし形が崩れたら、キッチンペーパーをかぶせ、その上から手で形を整えればまとまります。
あとは、お子様と一緒にケチャップで好きな絵を書いて、楽しく召し上がってください。

レシピ制作者

益田 博美

益田 博美:おもてなし料理&テーブル教室 Hiro's Factory(大阪府 富田林市 津々山台)

■先生のプロフィール

大学在学中よりフレンチ、イタリアン、中華、和食、エスニック、韓国宮中料理、 他お菓子、パンを習う。 ワイン…(全て読む)


おもてなし料理&テーブル教室 Hiro's Factoryの最新レシピ


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『みんなが楽しいハロウィンメニュー!』