臭みなし!出汁不要! ブリ大根のレシピ、作り方(岡部ゆうこ)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > ぶり > 臭みなし!出汁不要! ブリ大根

クスパ レシピ

臭みなし!出汁不要! ブリ大根 岡部ゆうこ先生

印刷する

2

大根には、
デンプンの消化を促進
胃を健康に保つ
整腸作用

などの効果が見込め、『胃薬のような野菜』と言われています☆

<材料>  分量:4人分   調理時間:10分+30分

ブリ
4切れ
大根
1本
しょう油
大さじ4
みりん
大さじ4
黒糖(なければ砂糖)
大さじ2
ショウガ(煮込み用)
ひとかけ
ショウガ(トッピング用)
適量

作り方

【1】

やかんor鍋に1Lぐらいのお湯を沸かす。
その間に大根の皮を剥き、厚さ2cmのイチョウ切りにする。

【2】

時間があれば面取りを。

【3】

ブリをザルに広げ、(1)のお湯を両面にかける。(「霜ふり」と言います)

【4】

圧力鍋にしょう油、みりん、黒糖を入れ大根と煮込み用のショウガを皮のままを加え、(3)のブリも入れ水を150cc加える。


【5】

圧力なべがない場合は深鍋で対応してください。
水はひたひたに入れ落し蓋をしてください。

【6】

圧力鍋のふたと重りをセットし、強火にかける。
(鍋の場合は落し蓋のまま中火にかける)

【7】

重りが強く回り始めたら、弱火(ゆっくり重りが回る)にし10分煮る。
(鍋の場合は煮汁が湧いたら弱火にする。

【8】

10分後、火を止め圧力が抜けるまでそのまま10分程待つ。
(鍋の場合は煮汁が少なくなるまで煮込む)


【9】

その間に針ショウガを作る。
ショウガを薄くスライスし、まな板に少しずつ重なるように並べ、千切りの要領で切る。

【10】

圧力鍋の重りから空気が出なくなってきたらふたを開け、煮汁が多い場合はふたを開けたまま中火で煮汁の水分を飛ばす。

【11】

お皿にブリと針ショウガを盛り付け完成。

★調理のコツ・ポイント★

魚に熱湯をかける、ショウガを入れて煮込む、この作業で臭みが無くなります。

面取りは、ピーラーを使うと簡単です。
面取りは煮崩れを防いでくれます。

落し蓋とは、アルミホイルやクッキングシートで鍋にちょうど入るくらいの大きさに丸く切り抜き(ホイルなら周りを折る)、中央に2cmくらいの穴を開けたものを、なべの材料にピタっとのせたものです。
煮崩れを防いでくれます。

黒糖を使うことによって味に深みがでますよ。

レシピ制作者

岡部ゆうこ

岡部ゆうこ:象の台所(東京都 板橋区 (池袋駅より電車で5分))

■先生のプロフィール

19年間料理の世界に携わり、その期間中には東アジア〜東南アジアを単身で巡り、帰国後はスペインやイタリアン等…(全て読む)


ページのトップへ戻る