アップルカスタードのレシピ、作り方(あん&ちぇ)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > ジャム・クリーム・ソース > クリーム・ソース > アップルカスタード

クスパ レシピ

アップルカスタード あん&ちぇ先生

印刷する

1

【ビクトリノックス SCペティーナイフ使用】
カスタードクリームにアップルコンフィチュールを混ぜた
クリームの甘さと、リンゴの酸味がとっても
イイ感じ♪

ビクトリノックスのペティナイフを使うと
リンゴの細かな角切りも楽々。
小さいのに、切れ味が抜群なんです。

【ビクトリノックス×クスパ】コラボ企画vol.5で制作されたレシピです。

<材料>  分量:作りやすい分量   調理時間:30分(冷やす時間は除く)

りんご
1/4個
グラニュー糖
10g
レモン汁
少々
牛乳
130cc
砂糖
30g
*小麦粉
小さじ2
*コーンスターチ
小さじ2
卵黄
1個分
バター
15g
バニラエッセンス
少々

作り方

【1】

耐熱容器に牛乳を入れて電子レンジ600w約1分ラップなしで加熱。

【2】

深めの耐熱容器にふるった*と、砂糖を入れ、
軽く混ぜ合わせる。
そこに、温めた牛乳を少しずつ加えながら、よく混ぜる。

【3】

②に室温に戻し溶きほぐした卵黄を、少しずつ加えて混ぜる。

【4】

フタなしで600w約1分加熱。
いったん取出し、かきまぜたらさらに50秒~1分加熱する。


【5】

バターを入れ、ムラなく混ぜたら、
ぴったりラップをしてその上から保冷剤をのせ冷やす。

【6】

リンゴは皮をむき、1.5cm角程度の角切りにしたら
耐熱容器に入れ、グラニュー糖を振り入れ、レモン汁を入れ
軽く混ぜ合わせたら、ラップをし、600wで3分程度加熱。

【7】

りんごがしんなりして少し透き通った感じになったら、
ラップをしたまま粗熱を取る。

【8】

カスタードクリームをボウルに移し、
バニラエッセンスを振り入れ、ほぐしたら
クッキングペーパーなどで水気を除いたリンゴを加え
均一に混ぜる。


★調理のコツ・ポイント★

カスタードクリームはダマができやすいので、卵黄はしっかりと室温に戻すこと。

牛乳は沸騰させないように、クリームも加熱しすぎないように、
お使いの電子レンジに合わせて、加熱時間の調整をしてください。
クリームは、何度かかき混ぜながら加熱するのがポイントです。

ラムレーズンを入れたり、バニラエッセンスの代わりにリキュール類を入れてもおいしいです。

成形時にパンの生地で包んだり、織り込んだりして焼いてもおいしいですし、
焼きあがったパンに乗せて食べてもおいしいです。
色々試してみてくださいね。

レシピ制作者

あん&ちぇ

あん&ちぇ:手ごねパン教室La mia casa(埼玉県 狭山市 青柳)

■先生のプロフィール

幼稚園教諭、保育士を十数年勤め、結婚後はパン作りに目覚め、趣味としてパン作りを楽しむ。 2006年ころから…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『梅を使ったレシピ特集♪』