イタリア伝統料理~カボチャのニョッキのレシピ、作り方(松山 恭子)

クスパ > クスパ レシピ > その他 > マクロビ・薬膳・ローフード > ローフード > イタリア伝統料理~カボチャのニョッキ

クスパ レシピ

イタリア伝統料理~カボチャのニョッキ 松山 恭子先生

印刷する

1

フリウリ州の伝統料理です。

<材料>  分量:4人分   調理時間:40分

薄力粉  
150g
カボチャ  
800g
 卵 
1個
シナモン  
少々
ナツメグ  
少々
セージ 
8-10枚 お好みで
塩 胡椒  
適量
バター  
60g
卸したチーズ 
60g

作り方

【1】

カボチャは皮付きのまま小分けして、オーブン皿に岩塩を敷いた上に載せる。アルミで被せて180°にオーブンで30分焼く。

【2】

皮を取り、カボチャの中身をマッシャ―でピューレ状に潰します。塩、胡椒、ナツメグ,卵と小麦粉を加えて、一緒に混ぜ合わせます。

【3】

軽く混ぜ合わせて、生地を伸ばします。生地の固さを確認。柔らかいが、指に付かない状態であること。生地を小分けにして、細い棒状にします。

【4】

等間隔に切り分けます。お湯を沸かしている間に、ソースを作ります。


【5】

フライパンにバターを溶かし、香り付けにセージ、イタリアンパセリを加えます。茹で汁を加え、ソースを調えます。

【6】

ニョッキを茹で、表面に上がってきたら、網杓子で掬いあげます。フライパンでニョッキをそっと火に掛け、ソースと卸したチーズを絡めます。

【7】

お皿に盛りつけ、チーズをふりかけて召し上がれ

★調理のコツ・ポイント★

カボチャはアルミで被せて180°にオーブンで30分焼きます。または レンジで15分だけかかります。

レシピ制作者

松山 恭子:LCI イタリアカルチャースタジオ(東京都 武蔵野市)

■先生のプロフィール

全日空㈱にて10年間地上サービス、インストラクターの経験を経て、イタリアへ留学。各地の料理学校や家庭を回り…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2017年12月 3日(日)   イタリア伝統料理とワイン講座 ~サルデーニャ島郷土料理~


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『体の芯からあったか♡スープレシピ』