★真夏のとろとろカスタードプリン★のレシピ、作り方(緒方 亜希野)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > プリン > カスタードプリン > ★真夏のとろとろカスタードプリン★

クスパ レシピ

★真夏のとろとろカスタードプリン★ 緒方 亜希野先生

印刷する

14

ゼラチンを使って固めるタイプのプリン。
いくらお料理好きとはいえ、真夏にオーブンはすこし億劫。
手軽にお鍋ひとつで作れてとっても美味しいプリンのご紹介です♪

<材料>  分量:プリンカップ5個分   調理時間:30分(冷やし固める時間を除く)

卵黄
2個分
グラニュー糖
40g
バニラビーンズ
3cm分
牛乳
200ml
生クリーム
120ml
板ゼラチン
4g
ラム酒
小さじ1
キャラメルソース
小さじ5

作り方

【1】

バニラビーンズを裂き、種を取り出す。卵黄、グラニュー糖の半量とともににボウルに入れて軽く泡立てる。

【2】

板ゼラチンを氷水でふやかす。

【3】

牛乳と半量のグラニュー糖、バニラのさやを火にかけて沸騰直前まであたためる。

【4】

卵黄のボウルに③を少しづつ注いであわせる。ざるなどで漉して鍋にもどす。


【5】

極弱火で混ぜながら加熱する。ゆるいとろみがつくまで(80℃まで)加熱の目安は4~5分。※火が強すぎるともろもろになるので注意!

【6】

板ゼラチンを絞って加えて溶かす。氷水を当てたボウルに漉しいれて冷やす。

【7】

人肌以下に冷めたら生クリーム、ラム酒を加え混ぜ、とろみがついたら器に流して冷やす。(最低2時間ほど。)

★調理のコツ・ポイント★

キャラメルソースは器の底に入れておいても、いただくときにかけてもOK。

※グラニュー糖100g、水大さじ1を中火にかけてキャラメル状に焦がし、熱湯100mlを加えて溶きのばす。熱いキャラメルが飛び散って危険なので注意すること!

レシピ制作者

緒方 亜希野

緒方 亜希野:たけひめKitchen(奈良県 生駒市 壱分町)

■先生のプロフィール

甲南女子大学英文学科卒 大学卒業後、スイス・ローザンヌに本社を置く宝飾メーカーに勤務。 2004年ハッ…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『火を使わないメニュー特集』


クスパからのお知らせ

2019年8月19日

【重要】メンテナンスのお知らせ

いつもクスパをご利用いただき、ありがとうございます。
8月26日(月)1:00~3:00まで、誠に勝手ながら、メンテナンスを行います。
上記時間帯はサイトにアクセスいただけませんのでご注意ください。

※メンテナンス時間はあくまで目安になりますので、長引く可能性がございます。ご了承ください。