パフェ寿司@マンナンンヒカリのレシピ、作り方(浅井まゆみ)

クスパ > クスパ レシピ > ご飯もの > 寿司 > ちらし寿司 > パフェ寿司@マンナンンヒカリ

クスパ レシピ

パフェ寿司@マンナンンヒカリ 浅井まゆみ先生

印刷する

11

マンナンヒカリとろくさん亭ちらし寿司のもとを使って、
カンタン♪パーティー料理。クリームチーズを生クリームに見立てた、パフェ風のお寿司は子どもにも大人気!

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分

「マンナンヒカリ」
 スティック1本(38g)
 1.5合
ろくさん亭ちらし寿司のもと
 1袋
鶏ミンチ
 100g
 大さじ2
砂糖
 小さじ1
みりん
 大さじ1
しょうゆ
 大さじ1
 2コ
 少々
絹サヤ
 8本
小松菜
 3株
海老
 8尾
サーモン刺身
 8切れ
いくら(お好みで)
 1パック
クリームチーズ
 100g
マヨネーズ
 大さじ2

作り方

【1】

米1.5合とマンナンヒカリを合わせて炊き、ろくさん亭ちらし寿司のもとを合わせる。 

【2】

絹サヤはすじを取り、さっと茹でて、あみじゃくしで上げて冷水にとる。

【3】

[2]の鍋で小松菜を茹でて、あみじゃくしで上げ、冷水にとり、水気をしぼって、小さく切る。

【4】

[3]の鍋で海老を2分くらい茹でて、冷めてから殻をむき、半身になるよう切る。


【5】

卵2コをボウルに割りいれ、塩少々を加え、フライパンで炒り卵にする

【6】

鶏ミンチをフライパンに入れ、酒、砂糖、みりん、しょうゆで味付けしてそぼろ状に炒める。

【7】

クリームチーズとマヨネーズを合わせ、泡だて器で混ぜる(クリーム状にする)

【8】

グラスにちらし寿司、小松菜、海老、鶏そぼろ、炒り卵を層になるよう、重ねていく。仕上げに[7]のクリームチーズ、サーモン、いくら、絹サヤ、海老をパフェのようにトッピングする。


★調理のコツ・ポイント★

1つの鍋で、絹サヤ、小松菜、海老の順に茹でていきます。あみじゃくしを使えば、手間が省けます!
クリームチーズのホイップは味が濃いので、飾りに少し使うのがコツです。

大塚食品さんとのコラボレーションで制作されたレシピです。

レシピ制作者

浅井まゆみ

浅井まゆみ:子ども料理教室 まざありいふ☆きっず(大阪府 大阪市阿倍野区 松崎町)

■先生のプロフィール

子どもの、子どもによる、子どものための料理教室をモットーに、2009年4月から大阪市内の自宅で子ども料理教…(全て読む)


子ども料理教室 まざありいふ☆きっずの最新レシピ

ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『クリスマスメニュー★🎄♪』


クスパからのお知らせ

2018年12月3日

【重要】利用規約の変更について

いつもクスパをご利用いただきまして、ありがとうございます。
12/3に利用規約を改訂しました。ご確認ください。