和の食 ☆ クッキングサロンエストレージャ

調理時間:30分

【料理のための清酒を使用】
タカラ料理のための清酒で臭み消し、パサつき防止、旨味アップし美味しいサラダチキンを作り、そのまま食べても良いですがさっぱり美味しいかんたん混ぜごはんを作ります。
【宝酒造×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです

材料(2人分)

タカラ「料理のための清酒」米麹双麹仕込
適量
鶏むね肉
1枚
適量
ご飯
2杯分
胡麻
小さじ2
大葉(千切り)
3枚
ミョウガ(千切り)
1個
薄口しょう油
小さじ1

作り方

1.サラダチキン作り
鶏むね肉は皮を取り除き全体をフォークか竹串で穴を開け、2〜3㎝幅に切り塩を適量振りかけ、フライパンに並べてタカラ「料理のための清酒」を鶏肉の表面が少し見える程度まで入れ5分置き蓋をして中火で5〜6分加熱しバットにあげる。

2.ボールにミョウガ、大葉、ゴマ、醤油、手で細かく割いたサラダチキンを適量入れてよく混ぜたらご飯を混ぜて盛りつける。おにぎりにしても良いです。

コツ・ポイント

手順の1でサラダチキンが出来上がります。粗熱が取れたら保存容器に入れ冷蔵庫で3日ほど保存可能です。